JR九州こだわりの添乗員同行ツアー 旅三昧 2018年1月〜2018年3月出発
11/16

10※写真はすべてイメージです。近畿・南紀「東大寺 二月堂修二会」(お水取り)セミナー講師:西山 厚氏(帝塚山大学文学部文化創造学科教授)京都大学大学院文学研究科博士課程修了。前・奈良国立博物館学芸部長。著書に『仏教発見!』(講談社現代新書)など。炎の祭典!奈良「若草山焼き」と奈良大和路特別拝観の旅奈良 2日間 出発日限定添乗員同行1名様からお申込みOK1名様1室可能最少催行人員 10名様商品番号12-10a出発日平成30年 1/27(土)旅行代金(博多駅発着、大人お一人様) ●小倉駅発着は500円引き3名様1室2名様1室1名様1室96,000円98,000円99,500円ポイント●奈良のシンボル・若草山で行われる、冬の代表的な伝統行事「若草山焼き」を特別席で観賞します。●通常は見ることができないご本尊の特別拝観や通常非公開の場所で特別参拝できる貴重な機会です。春日大社 中門[撮影:桑原英文]リストランテ オルケストラータ 料理(イメージ)唐招提寺[写真堤供:一般財団法人奈良県ビジターズビューロー]若草山焼き ※写真はイメージです。長谷寺 十一面観世音菩薩立像 行 程 ※添乗員は博多駅〜博多駅まで同行します。 ID171210011博多駅(8:33〜8:48頃) - 小倉駅 -- 新大阪駅 == 〈車内弁当〉 == 春日大社 ==== 唐招提寺 ==== (ホテルチェックイン) ==== 若草山焼き(※注) ===== (夕食) == 奈良市/ホテル日航奈良(泊)(21:00頃)□□□弁□夕□2ホテル(9:30頃) === 石上神宮 === リストランテ オルケストラータ(昼食) ====== 長谷寺 ====== 新大阪駅 -- 小倉駅 - 博多駅(19:33頃)朝□昼□□□凡例 - JR ==バス 世界遺産〈バス運行会社〉ヤサカ観光バス、もしくは弊社と契約のあるバス会社(※注)雨天などにより中止の場合は延期となりご覧いただけません。予めご了承ください。特別公開:礼堂特別参拝:国宝の拝殿特別拝観:禁足地ひらまつグループが営むイタリアンレストラン。特別拝観:十一面観世音菩薩立像悠久の歴史を伝える「東大寺 二に月がつ堂どう修しゅ二に会え」奈良 2日間 出発日限定添乗員同行1名様からお申込みOK1名様1室可能最少催行人員 10名様商品番号12-10b出発日平成30年 3/5(月)旅行代金(博多駅発着、大人お一人様) ●小倉駅発着は500円引き3名様1室2名様1室1名様1室93,000円98,000円120,000円ポイント●1260年以上、一度も途切れることなく続けられている奈良の伝統行事「東大寺 二月堂修二会」を拝観します。●講師によるセミナーへご案内。「東大寺 二月堂修二会」開始前の二月堂にもご案内いたします。法隆寺 西院伽藍信貴山 朝護孫子寺 行 程 ※添乗員は博多駅〜博多駅まで同行します。 ID171210021博多駅(10:10頃) --- 小倉駅 --- 〈車内弁当〉 --- 新大阪駅 ========== 奈良国立博物館 ========= (ホテルチェックイン) ========== 「東大寺 二月堂修二会」(お水取り)セミナー ……………………………… 「東大寺 二月堂修二会」(※注1) ============= 奈良市/奈良ホテル本館(泊)(※注2)(20:30頃)□□□弁□夕□2ホテル(9:00頃) ========= 法隆寺 ========= (昼食) ====== 信し貴ぎ山さん 朝ちょう護ご孫そん子し寺じ == 新大阪駅 -- 小倉駅 -- 博多駅(19:10頃)朝□昼□□□凡例 - JR ==バス … 徒歩 世界遺産〈バス運行会社〉ヤサカ観光バス、もしくは弊社と契約のあるバス会社(※注1) 東大寺二月堂「修二会」は大変混雑が予想されます。また、屋外での行事となり、始まるまでの間、お待ちいただくこともございます。(※注2) 耐震改修工事中のため、仮囲いや足場を組む場合がございます。「修二会」の期間中、法会で使われる法具や、歴史と伝統を伝える絵画、古文書、出土品などが展示される、恒例の特別陳列「お水取り」を開催中。特別参拝:大伽藍「東大寺 二月堂修二会」とは修二会の正式名称は「十一面悔過(じゅういちめんけか)」といい、日常に犯しているさまざまな過ちを、二月堂の本尊である十一面観世音菩薩の宝前で、懺悔(さんげ)することを意味するといわれています。東大寺 二月堂修二会「東大寺 二月堂修二会」(お水取り)セミナー講師:西山 厚氏(帝塚山大学文学部文化創造学科教授)   京都大学大学院文学研究科博士課程修了。   前・奈良国立博物館学芸部長。   著書に『仏教発見!』(講談社現代新書)など。【僧侶によるご案内】

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る